東京都内での中野区の中古マンション相場とは?

ここでいうところの中古マンションの相場というのは、すべてのマンション価格をあわせて、それをすべての戸数の総計で割った単純な平均相場で示していますが、中野区の平均相場というのは、約2900万円も行かないレベルであります。これは、部屋の大きさなどを無視した平均相場なので、部屋数が多くなれば高くなるし、駅のそばであれば高くなるといったところも考慮されておらず、平均化されている数値です。このように、中野区の平均相場を、見てみると、一番高いところで、千代田区であり、ここでは、約7150万円という相場がでています。同じ東京でも、都心と下町とでは、これほどまでに価格の差があります。中野区というと、相場的に言っても、下町が多い地区と同等の平均相場を形成しており、東京といえども、中古マンションの相場に開きがでているのが現状です。

中古マンションを買うなら中野区はお奨めです。

中古マンションの相場を、部屋のサイズ見たときに、中野区の場合、ワンルームよりちょっと大きいタイプの1kなどで、約1100万円ほどであり、東京都区内の中でも、かなり安い部類の値を示しています。順位で行くと、下から数えて5番目の安さとなり、葛飾区が一番安いという結果が出ているのですが、その区との差というのは、約500万円もあります。このことで、都心に近い位置にある中野区の関係を考えてみても、この価格というのは、大変魅力的な金額です。また、新婚さんが住むような2LDKクラスだと約2300万円ほどで、東京都区内での順位というのは、7位となっており、単身者向けに比べると、高めの設定になっていることがわかります。このことから、単身者向けで、中古マンションを購入して、この地域に住むことが、いい選択ということになります。

ファミリーに人気の中野区の中古マンションとは?

2LDKから3LDKのクラスにおいて、中野区の東京都区内の順位というのは、下から数えて11位になり、平均的なところに位置しています。これは、ファミリーユース向けになると、案外人気のある物件があるいうことが言える地域であり、需要と供給のバランスを見たときには、需要がちょっとありすぎて、価格が高めになっていることになります。これは、単身者向けの中古マンションと比べてみても、かなりの順位との差があります。価格でいうところの、最下位の足立区と比べると、足立区の平均相場というのは約1900万円ほどになりますが、中野区は焼く3200万円ほどになっており、約1200万円ほどの差がでています。これは足立区で買えて、もう一軒、1Kサイズの中古マンションが、すぐに購入することできる金額になります。2つの中古ですがマンションを使用できるオーナーということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)